収益性と確実性を求めよう

マンション

マンション経営の第1歩はマンションを買うことです。但し、マンション経営におけるマンションは、自分が住むために買うマンションとは異なり、新しければよいというものではありません。なぜならば、新しいマンションだと投資の採算が合わないケースがほとんどだからです。マンション経営において重要なことは収益力です。いかに高い利回りを確実に手にすることができるかということを考えていく必要があります。高い利回りを手にするためには、家賃が同じであれば、購入価格を抑える必要があります。一般的に新築マンションは中古マンションに比べて、販売価格が高くなっており、その分、収益力が下がってしまうのです。マンション経営をするのであれば、中古マンションを中心に考えていきましょう。但し、中古マンションで、利回りが高ければ何でもよいというものでもありません。今度は収益の確実性が問題になるからです。マンション経営において収益を確実にするためには、空室期間が短いマンションを選ぶ必要があります。一般的に、人気の高いエリアや都市の中心部は空室期間がかなり短くなります。一方で、郊外のマンションだと、一度、退去されてしまうと次の入居者が決まるまで苦労します。空室期間の短いマンションは価格が郊外の相対的に高く、利回りは低くなります。そのため、マンション経営で成功していくためには、収益性と確実性のバランスを自分がどこまでこだわるかがポイントとなります。