婦人

初心者向きの投資プラン

アパートであれば大阪でも3000万円程度の資金で購入することが可能であり、収益物件サイトで良い物件を見つけるのがポイントです。賃貸管理会社のサービスを利用したり、低金利のローンで保有物件を増やすのが、経営を効率的に行う秘訣です。

マンション

収益性と確実性を求めよう

マンション経営において選択するべきマンションは収益性と確実性を兼ねそろえたマンションとなります。しかし、両方が高いというマンションはなかなかありません。そのため、自分がどこまでこだわるかがポイントとなります。

模型を持つ人

家賃を知るためには

家賃相場を知ることによって不動産の収益性を知ることができるので、まず初めに周辺の家賃相場を調べておくことが重要になります。できるだけ素早く情報を手に入れるために、不動産会社なども活用していきましょう。

委託して管理の手間を省く

男女

統括的な管理をしてくれる

不動産投資で手にしたマンションは、賃貸を利用した家賃収入を得ることができますが、せっかく入居者を募って住んでもらっても、維持し続ける必要があります。単純に住んでもらうだけなら問題はありませんが、住み続けていれば設備が悪くなったり、近隣住人とのトラブルなどが発生することもあります。こうした問題を放置することはできないため、常に管理をすることが不動産オーナーの義務となります。常に管理をする暇があれば良いですが、本業が忙しかったりするとなかなか手を出すことはできないものです。そうした煩わしい手間をマンション管理会社に委託することで、時間を削られることなく家賃収入を得ることができます。マンション管理会社の業務は、主に入居者の募集、入居後のクレーム処理、設備の補修に退去立ち会いなどを行います。これらはほんの一例で、実際にはマンションの維持や資産価値向上のために、あらゆる仕事を請け負ってくれます。住民同士のトラブルでも、本来は当人たちが解決すべきことをマンション管理会社が仲裁してくれます。住民がいかに快適に生活できるか模索し、その手伝いをしてくれるのがマンション管理会社の仕事となります。マンションの管理人として配置されることで、常に建物全体の内容を把握し、老朽化した部分がないか、不審な人物が出入りしていないかなど目を光らせてくれます。何か問題があれば日報などで連絡が回ってくるので、不動産オーナーは報告書を読んで把握することができます。